FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報

ベンチプレスで痛めた肩を治療

ベンチプレスで痛めた肩の治療で新たな発見がありました!!

私の場合はベンチプレスやショルダープレスを頑張りすぎると肩の後ろ側、棘下筋と三角筋後部辺りが凝り固まって痛くなってしまい、ひどくなると20キロのバーを受けただけで激痛が走る状態になってしまいます。

今まで2回発症したことがあり、その度に極太鍼で治療をしてくれる県外の鍼灸院に通って治していたのですが、3回目となる今回は治療の途中で新型コロナウィルスの影響により県外への移動は遠慮せざるを得ない状況になってしまいました。

幸いなことに筋太郎ジムは少人数の仲間だけで使っているプライベートジムなのでトレーニングは続けることができていたのですが、その他の外出は控えていたので時間をもて余している状態。

そこで、気休め程度にでも効けばと思い、以前から持っていた家庭用の低周波治療器で電気を流しまくってみたのですが、コレが意外に効いているみたいです!!

最後に鍼灸院で治療をしたのが2月の下旬。治療に行くのを控えていると肩の痛みがどんどんぶり返してきて低周波治療器を使い始めたのが5月の半ば。そして6月20日現在は違和感は残っているもののベンチプレスやショルダープレスが全力でできる状態にまで回復しています。

使用している機種は以前に全く体感できないと紹介したパナソニックのEW6021という物です。もちろん、1回あたりの治療効果はプロの鍼治療や業務用の治療器より大きく劣るわけですが、自分の所有物というメリットを生かして、毎日、時間の許す限り治療しまくることで効果の弱さをかなりカバーできるようです。
2018-1-5 治療器


付属の説明書には1日に1回で15分以内。電気の強さは心地良いと感じる強さで。と説明されているのですが、この通りに治療しても効きはほとんど体感できませんでした。そこで、強さは我慢できる限界で、頻度は15分1セットを毎日4~5セット という感じで繰り返してみたところ、「ベンチでの痛みが軽くなってるやん!!」となったわけです。

2020-6-22 治療

私の場合、ベンチプレスで肩を痛めた場合の治療ではこのパッドの貼り方が最も効いている感じです。ココに貼って電気を流すとズッキンズッキンと痛みが走ります。つまり、この辺りの筋肉を損傷しちゃってたということだと思います。そして、治療をしつこくしつこく繰り返しているうちにこの部位に電気を流してもズキズキした痛みが走ることがなくなってきています。家庭用の治療器だと深部の筋肉までは刺激が届かないそうなのですが、浅い部分にできてしまったコリに対してはみっちりと時間をかければ充分な効果があるといえそうです。


私が使用しているパナソニックのEW6021は確か1万円くらいで購入しました。鍼灸院だと1回の治療で3000円くらいはかかってしまうのでかなりのコストパフォーマンスです。もうこの機種は販売されていないようですが、同じような治療器が各社から発売されていますので筋肉のコリに悩まされている方は検討してみる価値があると思います。



あと私が感じたのはパッドの状態がかなり重要だということです。家庭用の物は粘着パッドから電気を流します。なので繰り返し使用しているとパッド表面が皮脂や埃で汚れて電気の流れが悪くなってきます。こうなってくると電気を強く調整しても肌にビリビリくる感じが強くなるばかりで筋肉の内部にいまいち刺激が入っていかない(あくまでも私の体感ですが)感じになります。

私の治療器もかなり古くなりパッドが劣化していたのですが、新品パッドを取り寄せて交換してみたところその感覚の違いに驚きました。新しいパッドだと同じ設定でも皮膚のビリビリ感が少なく、筋肉にズンっズンっと刺激が入ります。購入する再はパッド単品で購入が可能な機種を選ぶと良さそうです。


私の物と同じ価格帯で4枚パッドのタイプだと現在ではオムロンからコレが出てますね。ただ、オムロンのサイトには載っていないみたいなので在庫限りの販売なのかもです。


現行モデルと思われる4枚パッドだとこんな機種がありますね。ちょっと高すぎかも。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オムロン OMRON 電気治療器 HVF5201[HVF5201]
価格:43070円(税込、送料無料) (2020/6/22時点)




>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
[ 2020/06/22 13:59 ] 腰痛治療 セルフ治療 | TB(0) | CM(0)

ダンベルローイング用 プレート&シャフト

ダンベルローイング用にワイルドフィットのロングダンベルシャフトとファイティングロードの7.5キロプレートを購入しました!!

2020-5-12 ロングダンベル

筋太郎ジムでのダンベルトレーニングには主にパワーブロックを使っているのですが、設定重量が約60キロまで(筋太郎ジムのパワーブロックは旧タイプ+拡張セットで現行モデルよりもかなり重く設定できます)なので高重量でワンハンドローイングをするとなるとちょっと負荷が足りなくなってしまいます。

トレーニング器具メーカー各社から販売されている長いタイプのダンベルシャフトを使っても5キロのプレートだと60キロ+αあたりがプレートを装着できる限界でパワーブロックとあまり変わらず。かといって10キロのプレートだと外径が大きすぎてしっかり引ききろうとするとプレートと身体がガッツリ当たっちゃうんですよね。

そこで発見したのがファイティングロードの7.5キロプレートです。ダンベル用にランナップされている5キロプレートの外径はファイティングロード、ボディメーカー、ワイルドフィットとも210mm前後でこのあたりがスタンダードなようです。それに対して10キロプレートとなると一気に大きくなって300mmくらいになってしまいます。
2020-5-11 プレート
ファイティングロードの7.5キロプレートは外径248mmと何とか邪魔にならずにローイングができるサイズ。厚みも26mmしかないのでワイルドフィットの550mm長のシャフトと組み合わせれば片側7枚装着がギリギリ可能で100キロ以上にセットできちゃいます。これなら過度に狭い稼働域や特大チートのローイングでない限り重量が足りないという人はほとんどいないと思います。

最近の私の場合は15回狙いの日 10回狙いの日 5回狙いの日と3パターンでトレーニングしているのですが、現在は5回狙いの日でこのダンベルを63キロに設定していますね。


この動画のトップポジションでプレートと身体が軽く触れている状態です。これくらいまでは引き付けることができます。

ワイルドフィットの550mmシャフトが5200円。ファイティングロードの7.5キロプレートが3000円とかなり安価なのでホームジムでローイングに使うダンベルに悩んでいる方におすすめです。

ワイルドフィット550mmダンベルシャフト販売ページ
ファイティングロード 28φプレート販売ページ



>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

重量可変ダンベル パワーブロックを使用して気づいたこと

重量可変ダンベルである旧モデルパワーブロックを使って7年になりますが、つい先日気づきました



↑こちらは現行モデルです。レビューを見ると重心位置のズレは改善できていないようですね。


パワーブロックでローイング等をおこなうとストラップを使わなくても普通のダンベルよりもグリップが辛くないんです。

パワーブロックを購入してからはほとんどのダンベル種目をパワーブロックでおこなってきたので何とも感じなかったのですが、ワンハンドローで重量が足りなくなり、スクリュー式ロングシャフトに63キロの重量を設定してローイングをしてみたら「なんかグリップがキツイ」となって気づかされました。

63キロは初めての重量だったのですが、パワーブロックで60.5キロまで扱っていたのでグリップ感に明らかな差が出るほどの重量差ではないはずです。何でこんなに体感が違うのかと考えてみたのですが、どうやらパワーブロックの重心位置によるものではないかと…。

購入時のレビューでも紹介したのですが、パワーブロックは上下方向の重心位置が中心よりも下にあり、設定重量を増せば増すほどそれが顕著になります。筋太郎ジムの場合はそれに加えて拡張セットまで装着しているのでますます重心位置が下に来ています。

このせいでカールやレイズ種目では設定重量よりも重く感じ、プレス系種目ではグリップよりも重心が上に来るので不安定というデメリットがあるのですが、ローイングやシュラッグなんかではメリットになるようです。

ローイングやデッドリフトでグリップが外れるのはバーが滑り落ちるのと同時に転がり落ちる力が働いています。普通のダンベルでは重心が中心にあるのでガッチリと握り続けていないと簡単に転がり落ちちゃうのですが、パワーブロックを高重量に設定した場足は極端にズレた重心位置が幸いして転がり落ちる力があまり働かず、滑り落ちることにだけ対抗できるグリップ力があれば足りてしまうみたいです。

バーベルでのデッドリフトでバーをミックスグリップで握るとバーが転がる力が相殺されて両手とも同じグリップで握るよりもかなり高重量に耐えることができますが、パワーブロックでも同じようなグリップ感が得られます。手が入るスペースが狭くてストラップが使いづらいのがパワーブロックの欠点ですが、私の場合はこの重心位置のズレによって60キロ程度でも全く気になりません。

握力にある程度の自信がある方ならパワーブロックの欠点であるストラップの巻きづらさはあまり気にしなくても良いかもしれません。

↓関連記事です。
パワーブロック購入
拡張セット購入
パワーブロックの長期使用レポート



>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

マイプロテイン リキッドチョーク

マイプロテインから販売されているリキッドチョークを注文して使ってみたのですが良い感じですね。

2020-5-6 チョーク

私が今まで使用してきた滑り止めは…



①もう画像もなく商品名も忘れてしまいましたが、アメリカのサプリメントメーカーが出していたスプレー

中身はアルコール?と思われる液体で手の脂分を取り除くという物でした。しかし、私の場合このスプレーで脂を取り除いても本番セット前で緊張していると次から次へと手に汗をかいてしまい全くの役立たずでした。





②単なる炭マグ


こちらは使い勝手は非常に良いのですが、やはり粉が飛散してしまいお掃除が大変です。ピカピカの環境でトレーニングしたいならダメですね。





③昔の筋トレ界ではこれしか出回っていなかった??グリッププラス
2014-02-18 グリッププラス

炭マグが入ったジェル状になっていて、手に塗るとジェル成分が乾燥して炭マグの粉末が手に残るという物です。飛び散らず使い勝手は良かったのですが、この極小ボトルで2000円ほどと今の感覚から考えるとボッタくり商品でした。




④このブログの記事でも紹介した手作り液状チョーク
液体チョークを垂らした

チョーク自体は成功でしたが、入れたボトルが悪かったです。ボトルに入れて使っていたのですが、フタの穴部分で乾燥して詰まってしまい無理やりボトルを押して出そうとしたところ中の液状チョークが天井まで噴射!!後の掃除が大変でした…。
2020-5-6 チョーク

この穴が詰まってしまい思い切りボトルを握ったら…

炭マグ飛び散り

こうなりました…。




⑤マイプロテインのリキッドチョーク

今回入手したチョークです。手に塗り広げると乾燥して粉末が飛び散らずに手のひらに付着します。汗による滑りが解消されて非常に快適にトレーニングできます。

このあたりは他の液状チョークと同じなのですが、私が気に入ったのがこちら。
2020-5-6 チョーク2

フタに付いているこの突起です。これによって穴で液状チョークが乾燥して詰まることを防いでくれています。手作り液状炭マグで大噴射させてしまった私としてはポイントが高いですね。

価格も250㏄で1890円。常に30%以上の割引をしているので実質1300円ほどと昔のグリッププラスと比べれば激安です。手作り炭マグも良いですが、この価格なら次もリピートかなと考えています。

マイプロテインから購入の場合は他にサプリメントやアパレルと一緒に購入しないと送料でかなり損してしまいます。(8500円以上の買い物で送料無料)。液状チョークだけを購入したい場合はクライミング系のお店で様々な商品が販売されています。アルコールを使った物や水に溶かした物などバリエーションも豊富みたいです。


↑こちらはトレーニング器具のショップ。フィットネスメイトで取り扱っているチョーク。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【BOULDER-X】 ボルダーX液体チョーク 200ml
価格:825円(税込、送料別) (2020/5/5時点)



↑こちらはクライミング系のお店で発見しました。かなり安いですね。


これらの液状チョークを入手したらフタ部分で固まってしまわないか注意して下さい。私のように大噴射させてしまいますから…。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

パワーブロックの長期使用レポート

重量可変ダンベル パワーブロックを使用して7年半が経ちました。長期使用で見えてきたことをレポートします。

120916-4.jpg

購入時のレポートはコチラ。

パワーブロックSP9.0購入
拡張セット購入
パワーブロックの不具合発見

まず気になるのが重量を変えるために抜き差しするピンに付いているゴムの伸びです。
2020-5-6 パワーブロック
ゴムなので劣化したり伸びたりは当然なのですが、かなり早い段階でこのようなベロベロ状態になってしまいました。ゴムの質はあまり良くない物を使っているのかなと感じましたね。


次に気になるのが全体的な歪みの発生です。筋太郎ジムでは器具を大切に扱うメンバーばかりなのですが、ギリギリ重量を扱く場合は少々ガチャンと置いちゃうことはありますよね。7年間のダメージの蓄積か少しづつ形が歪んできているようでスムーズに重量変更がしづらくなっています。
2020-5-6 パワーブロック
画像の赤丸部分にスキ間ができています。どうも最近ピンの刺さりが固かったりするなぁと思っていたらコレが原因でした。1つ1つのウェイトはこんないかにも剛性がなさそうな形状をしているのでちょっと落としてしまったりすると変形しちゃうんですね。

現在はモデルチェンジされた後継モデルが出回っていますが、基本的な構造は変わっていないので強度不足の欠点は改善されていなのではないでしょうか??旧モデルの欠点であるストラップの巻きづらさなんかは改善されているようですが…。

最近では様々なメーカーから可変ダンベルが販売されていて40キロまで調整できて40000円切りなんて物もありますね。


このタイプは使ったことがないですが、パワーブロックの欠点も見えてきたので次に買うならこちらかなと考えています。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。