FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報

ダンベルローイング用 プレート&シャフト

ダンベルローイング用にワイルドフィットのロングダンベルシャフトとファイティングロードの7.5キロプレートを購入しました!!

2020-5-12 ロングダンベル

筋太郎ジムでのダンベルトレーニングには主にパワーブロックを使っているのですが、設定重量が約60キロまで(筋太郎ジムのパワーブロックは旧タイプ+拡張セットで現行モデルよりもかなり重く設定できます)なので高重量でワンハンドローイングをするとなるとちょっと負荷が足りなくなってしまいます。

トレーニング器具メーカー各社から販売されている長いタイプのダンベルシャフトを使っても5キロのプレートだと60キロ+αあたりがプレートを装着できる限界でパワーブロックとあまり変わらず。かといって10キロのプレートだと外径が大きすぎてしっかり引ききろうとするとプレートと身体がガッツリ当たっちゃうんですよね。

そこで発見したのがファイティングロードの7.5キロプレートです。ダンベル用にランナップされている5キロプレートの外径はファイティングロード、ボディメーカー、ワイルドフィットとも210mm前後でこのあたりがスタンダードなようです。それに対して10キロプレートとなると一気に大きくなって300mmくらいになってしまいます。
2020-5-11 プレート
ファイティングロードの7.5キロプレートは外径248mmと何とか邪魔にならずにローイングができるサイズ。厚みも26mmしかないのでワイルドフィットの550mm長のシャフトと組み合わせれば片側7枚装着がギリギリ可能で100キロ以上にセットできちゃいます。これなら過度に狭い稼働域や特大チートのローイングでない限り重量が足りないという人はほとんどいないと思います。

最近の私の場合は15回狙いの日 10回狙いの日 5回狙いの日と3パターンでトレーニングしているのですが、現在は5回狙いの日でこのダンベルを63キロに設定していますね。


この動画のトップポジションでプレートと身体が軽く触れている状態です。これくらいまでは引き付けることができます。

ワイルドフィットの550mmシャフトが5200円。ファイティングロードの7.5キロプレートが3000円とかなり安価なのでホームジムでローイングに使うダンベルに悩んでいる方におすすめです。

ワイルドフィット550mmダンベルシャフト販売ページ
ファイティングロード 28φプレート販売ページ



>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

重量可変ダンベル パワーブロックを使用して気づいたこと

重量可変ダンベルである旧モデルパワーブロックを使って7年になりますが、つい先日気づきました



↑こちらは現行モデルです。レビューを見ると重心位置のズレは改善できていないようですね。


パワーブロックでローイング等をおこなうとストラップを使わなくても普通のダンベルよりもグリップが辛くないんです。

パワーブロックを購入してからはほとんどのダンベル種目をパワーブロックでおこなってきたので何とも感じなかったのですが、ワンハンドローで重量が足りなくなり、スクリュー式ロングシャフトに63キロの重量を設定してローイングをしてみたら「なんかグリップがキツイ」となって気づかされました。

63キロは初めての重量だったのですが、パワーブロックで60.5キロまで扱っていたのでグリップ感に明らかな差が出るほどの重量差ではないはずです。何でこんなに体感が違うのかと考えてみたのですが、どうやらパワーブロックの重心位置によるものではないかと…。

購入時のレビューでも紹介したのですが、パワーブロックは上下方向の重心位置が中心よりも下にあり、設定重量を増せば増すほどそれが顕著になります。筋太郎ジムの場合はそれに加えて拡張セットまで装着しているのでますます重心位置が下に来ています。

このせいでカールやレイズ種目では設定重量よりも重く感じ、プレス系種目ではグリップよりも重心が上に来るので不安定というデメリットがあるのですが、ローイングやシュラッグなんかではメリットになるようです。

ローイングやデッドリフトでグリップが外れるのはバーが滑り落ちるのと同時に転がり落ちる力が働いています。普通のダンベルでは重心が中心にあるのでガッチリと握り続けていないと簡単に転がり落ちちゃうのですが、パワーブロックを高重量に設定した場足は極端にズレた重心位置が幸いして転がり落ちる力があまり働かず、滑り落ちることにだけ対抗できるグリップ力があれば足りてしまうみたいです。

バーベルでのデッドリフトでバーをミックスグリップで握るとバーが転がる力が相殺されて両手とも同じグリップで握るよりもかなり高重量に耐えることができますが、パワーブロックでも同じようなグリップ感が得られます。手が入るスペースが狭くてストラップが使いづらいのがパワーブロックの欠点ですが、私の場合はこの重心位置のズレによって60キロ程度でも全く気になりません。

握力にある程度の自信がある方ならパワーブロックの欠点であるストラップの巻きづらさはあまり気にしなくても良いかもしれません。

↓関連記事です。
パワーブロック購入
拡張セット購入
パワーブロックの長期使用レポート



>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

マイプロテイン リキッドチョーク

マイプロテインから販売されているリキッドチョークを注文して使ってみたのですが良い感じですね。

2020-5-6 チョーク

私が今まで使用してきた滑り止めは…



①もう画像もなく商品名も忘れてしまいましたが、アメリカのサプリメントメーカーが出していたスプレー

中身はアルコール?と思われる液体で手の脂分を取り除くという物でした。しかし、私の場合このスプレーで脂を取り除いても本番セット前で緊張していると次から次へと手に汗をかいてしまい全くの役立たずでした。





②単なる炭マグ


こちらは使い勝手は非常に良いのですが、やはり粉が飛散してしまいお掃除が大変です。ピカピカの環境でトレーニングしたいならダメですね。





③昔の筋トレ界ではこれしか出回っていなかった??グリッププラス
2014-02-18 グリッププラス

炭マグが入ったジェル状になっていて、手に塗るとジェル成分が乾燥して炭マグの粉末が手に残るという物です。飛び散らず使い勝手は良かったのですが、この極小ボトルで2000円ほどと今の感覚から考えるとボッタくり商品でした。




④このブログの記事でも紹介した手作り液状チョーク
液体チョークを垂らした

チョーク自体は成功でしたが、入れたボトルが悪かったです。ボトルに入れて使っていたのですが、フタの穴部分で乾燥して詰まってしまい無理やりボトルを押して出そうとしたところ中の液状チョークが天井まで噴射!!後の掃除が大変でした…。
2020-5-6 チョーク

この穴が詰まってしまい思い切りボトルを握ったら…

炭マグ飛び散り

こうなりました…。




⑤マイプロテインのリキッドチョーク

今回入手したチョークです。手に塗り広げると乾燥して粉末が飛び散らずに手のひらに付着します。汗による滑りが解消されて非常に快適にトレーニングできます。

このあたりは他の液状チョークと同じなのですが、私が気に入ったのがこちら。
2020-5-6 チョーク2

フタに付いているこの突起です。これによって穴で液状チョークが乾燥して詰まることを防いでくれています。手作り液状炭マグで大噴射させてしまった私としてはポイントが高いですね。

価格も250㏄で1890円。常に30%以上の割引をしているので実質1300円ほどと昔のグリッププラスと比べれば激安です。手作り炭マグも良いですが、この価格なら次もリピートかなと考えています。

マイプロテインから購入の場合は他にサプリメントやアパレルと一緒に購入しないと送料でかなり損してしまいます。(8500円以上の買い物で送料無料)。液状チョークだけを購入したい場合はクライミング系のお店で様々な商品が販売されています。アルコールを使った物や水に溶かした物などバリエーションも豊富みたいです。


↑こちらはトレーニング器具のショップ。フィットネスメイトで取り扱っているチョーク。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【BOULDER-X】 ボルダーX液体チョーク 200ml
価格:825円(税込、送料別) (2020/5/5時点)



↑こちらはクライミング系のお店で発見しました。かなり安いですね。


これらの液状チョークを入手したらフタ部分で固まってしまわないか注意して下さい。私のように大噴射させてしまいますから…。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

パワーブロックの長期使用レポート

重量可変ダンベル パワーブロックを使用して7年半が経ちました。長期使用で見えてきたことをレポートします。

120916-4.jpg

購入時のレポートはコチラ。

パワーブロックSP9.0購入
拡張セット購入
パワーブロックの不具合発見

まず気になるのが重量を変えるために抜き差しするピンに付いているゴムの伸びです。
2020-5-6 パワーブロック
ゴムなので劣化したり伸びたりは当然なのですが、かなり早い段階でこのようなベロベロ状態になってしまいました。ゴムの質はあまり良くない物を使っているのかなと感じましたね。


次に気になるのが全体的な歪みの発生です。筋太郎ジムでは器具を大切に扱うメンバーばかりなのですが、ギリギリ重量を扱く場合は少々ガチャンと置いちゃうことはありますよね。7年間のダメージの蓄積か少しづつ形が歪んできているようでスムーズに重量変更がしづらくなっています。
2020-5-6 パワーブロック
画像の赤丸部分にスキ間ができています。どうも最近ピンの刺さりが固かったりするなぁと思っていたらコレが原因でした。1つ1つのウェイトはこんないかにも剛性がなさそうな形状をしているのでちょっと落としてしまったりすると変形しちゃうんですね。

現在はモデルチェンジされた後継モデルが出回っていますが、基本的な構造は変わっていないので強度不足の欠点は改善されていなのではないでしょうか??旧モデルの欠点であるストラップの巻きづらさなんかは改善されているようですが…。

最近では様々なメーカーから可変ダンベルが販売されていて40キロまで調整できて40000円切りなんて物もありますね。


このタイプは使ったことがないですが、パワーブロックの欠点も見えてきたので次に買うならこちらかなと考えています。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン

マッサージガン ハイパーボルトのコピー品?で筋膜リリース

マッサージガンを購入してしばらく使ってみたのでレポートします。ハイパーボルトという製品が元祖のようですが、価格が5万円以上ととても高価です。そこで私は多く出回っている類似品の中からLPYSFW(メーカー名みたいです)というロゴが入った物を購入しました。


↑アマゾンの購入履歴にはコチラが残っているのですが、私の手元にあるのは↓で色やロゴが違うコッチになります。
2020-5-4 ガン

説明をよく読むと私の物が6段階の強度調整なのに対して上の画像の物は20段階となっているのでおそらくモデルチェンジがあったのではないかと思います。私と同じ物はもう入手できないようなので「安物マッサージガンはこんな感じなんだな」という程度に参考にしてもらえたら幸いです。

私の手元にあるガンはアタッチメントが4種類付属しています。
2020-5-4 アタッチメント
しかし、説明書にはごく簡単な操作方法の説明しかなく、メーカーとしてはどのような意図でアタッチメントをデザインしたのかもわかりません。装着はとても簡単でガン本体に差し込むだけ。

このような立派な収納ケースに入っていてガン本体 アタッチメント 充電ケーブル をスッキリ収納できます。
2020-5-4 収納ケース


私のガンは6段階調整でこちらのタッチパネルの電源マークをタッチする毎に強度が変わります。
2020-5-4 タッチパネル
下が電源 左が現在の強度 右がバッテリー残量 の表示になります。

振動はかなり強烈で昔ながらのいわゆる「電マ」とは比較になりません。1番弱く設定してもかなり筋肉の奥まで振動が伝わっている感触があります。最強ともなると初めて使うとビックリしてしまうくらいの振動が伝わってきます。

試しに私の義兄に試してみたところ「ギャーっ!!」と激しく痛がって拒否されていましました。鍼治療の先生が言っていたのですが、同じような治療をしても痛がり方というのは本当に人それぞれだそうで、痛みに対する感受性の個人差は大きいようです。マッサージガンは痛みへの感受性がかなり高い方だと受け付けないくらいの振動といえそうです。

ケアの効果ですが、張りを感じるときにこのガンでほぐしてあげると直後は明らかにラクなる感覚があり、血流を促進する効果は得られているのではないかと感じます。しかし、頑固なコリに悩む方がコレで治るかというとちょっと疑問は残りますね。明らかに翌日の疲労感が軽くなる等といった体感も私の場合は得られていません。

しかし、振動が筋肉のケアに良いというのは研究で明らかにされているようなので、ケガ予防として筋肉に振動を与えるのは良いのではないでしょうか?私にとって筋トレ界の教祖様である山本義徳さんも筋肉に振動を与えることについて記事を度々書かれていますね。→振動による筋膜リリースについて

元祖ハイパーボルトよりかなり安いということで気になる品質ですが、5か月使用して今のところ不具合は全く発生していません。バッテリーの持ちもかなり良く、じっくりと複数部位に使っても1回の治療で空になるということは起きていません。

振動は充分に強力、バッテリーの持ちも全く不満無し、不具合や故障もなしということで高価なハイパーボルトよりこちらを選択して正解だったなと感じています。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
[ 2020/05/04 15:52 ] 腰痛治療 セルフ治療 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。