トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > CATEGORY - 使い心地レポート

ボディメーカー 児玉SP 長期使用レポート

ボディメーカーのベンチプレス台、児玉スペシャルを購入して5年半が経ち少しくたびれた部分も出てきたので状況をレポートします。





ちなみに児玉スペシャルはしばらくの間、ホームページ上で生産終了になっていて残念に思っていたのですが、いつの間にかバージョンアップされて受注生産で販売が再開されていますね。見た目は色が変わっただけに見えますが、以前と比べて重量が10キロ重くなっているので強度アップされているのかもしれないですね。



まずはセーフティ部分から
160718 セーフティ
ここは購入時に予想したとおり衝撃吸収用のゴムが劣化が激しくて割れてしまっています。キレイに使いたいならココは定期的な交換が必要ですね。


次にシート部分です。
160718 シート
筋太郎ジムではシートの合皮は購入してすぐに張り替えてしまったので、ノーマルの耐久性は残念ながら分かりません。この張り替えた合皮はなかなか持ちがよく、角部分に穴が開いてしまっているのと、頭の部分が汗と油を吸い込んで少し硬化している程度ですね。ジムの利用メンバーに足をベンチに乗せてブリッジを組む人が少ないことも合皮の持ちの良さに影響していると思います。



お次はラック部分
160718 ラック爪
爪部分が大きく削れてきました。このラック形状は児玉スペシャル最大の欠点のような気がします。薄い板厚で強度を確保するためなのか画像のような形状をしているので、バーとの接触面積が少なく、凸部分が集中的に削れてしまうんです。
160718 ラック

ラック底面には摩耗防止に水道ホースを切ったゴムを装着しているので爪部分だけの摩耗で済んでいます。



最後に1番大事なフレームの状態ですが、耐荷重300キロだけあってガタつき等の発生もなく耐久性はまだまだ全く問題なさそうですが、脚側のフレームはプレート等をぶつけてしまったりで少し塗装剥がれが発生しています。


以上が5年半の期間を7人で使用した状態です。寸法がカタログ値と明らかに違ったり、寝てみたら頭がハミ出したりと購入したときはガッカリも多かったこのベンチ台ですが、細かいラック高設定や安全性の高いセーフティのおかげでちょっとした改造を施すだけで快適に使ってくることができました。

現在の問題はラック爪の摩耗なんですが、ボディメーカーに問い合わせたところ、パーツ単体の販売には対応していないということだったのでちょっと困っています。シートやラックは消耗部品と言って良いと思うのですが、アフターサービス体勢はイマイチなところが悲しいですね。ちなみにシートの補修についてはこちらをどうぞ→ベンチプレス台改造マニュアル

案としては

①溶接のできる人に頼んで 肉盛り→整形

②図面を描いてアトラスにラック部分のみ作成してもらう

の2つを検討しています。修理をしたらこちらに追記したいと思います。

>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
2016-11-20 BCAA 2016-11-19 グルタミン 2016-11-19 シトルリン

ワイルドフィット プレスダウンハンドル(Vバー)

プレスダウンを快適におこなう為にワイルドフィットのプレスダウンハンドルを購入しました!!




今まで筋太郎ジムでプレスダウンに使えるハンドルというとラットマシンに付属されてきたストレートバーかロープハンドルありませんでした。しかし、ストレートバーでプレスダウンをするには前腕を回内させなければならず、ある程度以上重い重量になると私の場合、手首に負担を感じちゃうんですよね。

なので、最近はロープを使ってワンハンドのハンマーグリップ(合ってる?)でおこなっていたのですが、今ハマっている短インターバルで5セットの設定だと左右で合計10セットとなってしまいかなり大変です。

その点、このV形状のプレスダウンハンドルだと自然にプレスダウンのポジションに手を持っていったときの角度で握れるので非常にしっくりきますし、両手でおこなうので合計セット数も今までの半分となり時間の効率化になると思い、購入を決意しました。

プレスダウン用のVバーというと他にもイバンコのトライセップVバーも思い浮かびました。ワイルドフィットとの違いはケーブルの取り付け部が回転することとバーの端の処理がワイルドフィットは平らなプレートが溶接されているのに対してイバンコはボール状の物が取り付けられています。値段は凝った作りのイバンコの方がかなり高くて11880円もしてしまいます。

以前に通っていたジムに置いてあったVバーはワイルドフィットと同タイプでしたが、何ら使いづらさは感じたことがなかったので今回は安価なワイルドフィットを選択しました。

注文から数日、届いたVバーで早速プレスダウンを開始…とよく見ると実際に届いた物とサイトの商品画像の形状が違う!!

2016-2-9 プレスダウンバー

ケーブルと取り付ける部分の向きが90°違いますね。おまけに穴が明らかに偏った位置に空いています。まぁ、これは使い心地にはほとんど影響なしなので目を瞑るとしますが、やはり激安トレーニング器具は何らかのツッコミどころがあります。

2016-2-9 プレスダウンバーの穴

気を取り直してトレーニングを開始するとやはり私はプレスダウンにはVバーがしっくりきます。いい気持ちでトレーニングを終えると今度はバーの皿部分が茶色く変色しています!!「新品なのにサビ?!」と思ったら私の血でした。メッキ処理が雑で、剥がれたメッキが私の手に食い込んで出血していました。

赤線で囲んだ部分に剥がれたメッキが食い込んでいました。
2016-2-9 手のケガ

いったい何処まで低品質なんだ?トレーニング仲間がケガをしないようにメッキがボロボロの部分を軽くサンドペーパーで撫でておきました。錆びやすくなるかもですが、室内保管なのでまぁ大丈夫でしょう。このバーを購入したら使用前に入念にチェックすることをオススメします。

Vバーなら何処の物でも構わないだろうと思って安かったワイルドフィットを選びましたが、やはり安いなりの品質でしたね。同じような製品でもう少し高品質な物を選びたいならYYのバーが良いかもしれません。

YYのトレーニング器具をそろえているジムでトレーニングをさせてもらったことが何度かありますが、非常にしっかりした造りをしているなという印象があります。このVバーは使ったことがないのでどうか分かりませんが期待できるのではないかなと思っています。ワイルドフィットの物と比べると曲がりが少しキツめのようですね。

>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
2016-11-20 BCAA 2016-11-19 グルタミン 2016-11-19 シトルリン

筋トレ器具 使い心地レポート記事一覧

今まで私が使用したことがある筋トレ器具のレポート記事です。また、使ったことはないけど気になる器具も挙げてみました。器具購入を検討している方は参考にしてみて下さい。


オリンピックバー


IVANKO OBX-20…本気で鍛えるならコレでしょう。

YYオリンピックバー…使用感はIVANKOと遜色なし。

BMオリンピックバー…やや使用感は劣るが十分使えます。

エレイコパワーリフティングバー…パワーリフティング国際大会で多く使われてきているバー。錆びやすいのが難点。

BULLオリンピックシャフト BL-OPS…IPF規格仕様でありながら税込み6万円代の価格。次に買うならコレかな。


気になる

BMゴールドシャフト…激安価格で耐加重500キロは良いかも


EZバー


YYアームカールバーNo.24…個人的にはIVANKOより好きです。

IVANKO EZバー…やはり使いやすいです。




パワーラック


パワーテック…耐荷重675㌔!チンニング、ディップスもOKで10万円切り。

BMパワーラックEX-V…幅が狭くてワイドグリップ不能。改造すればOK。



ベンチ台


BMベンチプレスSP…手の届く範囲で選ぶならコレがベストかな。



オリンピックプレート


スチールフレックスアイアンタイプ…サイズ、使いやすさともバッチリ。

スチールフレックスラバータイプ…音が気になる場合はコッチ。

ワイルドフィット…安さは抜群。重量誤差が残念。

ボディメーカー…得に突出したところがないかな。


ダンベル


パワーブロック…重量調整は確かに楽チン。手の大きい人には窮屈かも。

パワーブロック拡張セット…重くなるほどちょっと使いづらさが…。

パワーブロックの不具合…使用するうちに発見した不具合を紹介します。

ボディーメーカースクリューシャフト…特に不具合ありません。

気になる

bowflex セレクトテック…重量変更はパワーブロックより早そうです。

アジャストベンチ


ボディソリッドGFI21…サイズ、頑丈さ、使い勝手とも合格ライン。


マシン類



ボディソリッド ラットマシン GPLM-83…種目のバリエーションが大幅アップ! 

YYレッグカール&エクスマシン…負荷が抜けるポイントがあるけど頑丈さは抜群。

YYレッグカール&エクスマシンでトラブル発生…以外なところに欠点を発見しました。


小物類


 
イバンコCOC-2.5…重量をピッタリ合わせられていいですよ。

自作ディップベルト…自分に合わせたサイズに作っているので最高です。

グリズリーディッピングベルト…高重量には耐えれません。

気になる
BMディッピングベルト…軽い重量をぶら下げるときの問題を解決。



>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
2016-11-20 BCAA 2016-11-19 グルタミン 2016-11-19 シトルリン

BULL オリンピックバー

BULLのオリンピックバーを使ってみたのでレポートします。IPF規格で作られていてパワーリフティングの大会でも使える公式のバーがなんと6万円台という低価格です。




現在、農器具小屋でもある筋太郎ジムは稲刈りで閉鎖中なので市営体育館のジムでトレーニングしているのですが、このジムに半年ほど前からBULLのバーが導入されています。パワーリフティング大会の他に公共施設でも使われだしているんですね。

まず、見たところエアコンのないこのジムでも目立った錆びはなく、イバンコと同程度の耐腐食性は備えているようです。表面処理がイバンコと同じブラックオキサイトなだけありますね。ちなみに筋太郎ジムのエレイコシャフトは完全に茶色に変色してしまい、新品時の銀色の輝きは見る影もありません。

2015-8-21 エレイコシャフトのサビ
筋太郎ジムのエレイコバー。端の方を除いて完全に茶色に変色しています。



次にプレートをセットしてみます。するとどうも他のバーと比べてスムーズに入らないプレートがあります。正確に測定したわけではないですが、どうやらプレートの取り付け部は他銘柄のバーと比べて僅かに太目の仕上がりのようです。このジムにはメーカー不明の穴径が小さ目に仕上がっているラバープレートがあるのですが、このプレートとBULLのバーの組み合わせだとちょっと付け外しがキツキツです。

ローレットの粗さは エレイコ>イバンコ>BULL という感じ。滑りにくさという点ではこの3つの中では1番劣るかもしれません。しかし、ボディーメーカーで感じたような「滑ってグリップが決まらない」という感覚はなく、私の場合はスクワットとベンチプレスでは炭マグなしでも充分でした。マイルドなローレットだと高重量でプル系種目をおこなっても手の平の痛みが少ないのはいいですね。

グリップの太さはエレイコと同じ29ミリでオリンピックバーとしては太目です。径が太くてローレットがマイルドなのでデッドリフトでのグリップの厳しさは BULL>エレイコ>イバンコ  となるのかなと感じました。

値段はエレイコ、イバンコを大幅に下回る6万円台。エレイコは保存環境が良くないとアっという間にサビサビになってしまうのでこれからはBULLのバーがIPF規格に慣れておきたいとうニーズには最適かもしれませんね。

>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
2016-11-20 BCAA 2016-11-19 グルタミン 2016-11-19 シトルリン

エレイコ パワーリフティングバー

エレイコのパワーリフティングバーを購入し、しばらく使用したので使い心地を報告します。

筋太郎ジムではイバンコとボディメーカーのバーを使っていたのですが、最近はエレイコのバーが大会で使用される機会も増えてきてメンバーからエレイコのバーにも慣れておきたいという声があがり、購入することとなりました。

日本ではパワーフラッシュから158125円で購入することができますね。以前に紹介したローグフィットネスというショップでも取り扱っているのですが、メールで問い合わせたところエレイコのバーは日本への通販は対応できないとのことでした。

今まで国内大会で主流(多分)だったイバンコとの違いは

1.グリップ部分の径
2.ローレットの仕上がり
3.プレート間の寸法

が大きな点だと思います。

1.グリップ部の径
イバンコが28ミリなのに対してエレイコは29ミリとなっています。このため手の小さい方はデッドのグリップがイバンコと比べてキツいと感じるかと思います。しかし、エレイコのほうがローレットの滑り止め効果は強力なので手が大きい人にとってはかえってグリップが楽に感じる可能性もあります。私の場合は手が大きいこともありエレイコのほうが若干ですが楽かなという気がしないでもないような…。

また、径が太いためか高重量をセットしたときのしなりがイバンコより少ないようです。そのため、デッドリフトではその他の条件が同じであればエレイコのほうが重量が下がると言えそうです。スクワットやベンチでの感触の違いは私レベルには感じ取れませんでしたが、選手によってはしなりやすいイバンコと硬いエレイコやレオコでスクワットの歩き方を変えたりもするそうです。

しなりの比較画像です。左が190キロにセットされたイバンコ。右が192.5キロのエレイコです。この画像だと分からないかな?
バーのしなり比較



2.ローレットの仕上がり
イバンコと比べてローレットにギザギザが非常に粗いです。そのため滑りにくさではエレイコに軍配が挙げられます。その違いは画像でもわかるレベルです。スクワットとベンチでは炭マグは全く必要ないのでは?と思うくらいです。

こちらはイバンコ。
DSC_0049.jpg

コレはエレイコ。明らかに粗いですね。
DSC_0048.jpg

バーの中央付近にはローレット加工を施していないツルツルの部分がありますが、この寸法も少し違います。イバンコよりエレイコのほうがツルツルの部分が明らかに広いです。このため、ナローデッドではスネと当たる部分の滑りが良くてやり易いんですが、ワイドでは問題がでてきます。

ワイドデッドで肩からまっすぐ腕を下した位置で握るとよほど骨格が大きい選手でない限りツルツルの部分に手がかかってしまうんです。小柄な女性だと完全にツルツルの部分を握ることになるかも。私の場合で指1本がツルツル部分にハミ出てしまいます。

ナローデッドではそのローレットの粗さからかえってグリップが楽に感じる選手もいるかもしれませんが、ワイドデッドではほとんどの選手がグリップが苦しくなるのではないかと思います。

更にもう1つ、イバンコにはローレット部分にグリップ位置の目安として使えるラインが左右3つづつ入っていますがエレイコでは81センチラインの1本だけ、グリップ位置をシビアに決めるにはイバンコのほうがやり易いですね。



3.プレート間の寸法
イバンコとは寸法も少し異なり、左右のプレート間がイバンコは141センチ強。エレイコが133センチ強です。イバンコはこの寸法がNGで国際大会で使えないとか…。

こちらはイバンコ
DSC_0046.jpg

こっちはエレイコ
DSC_0045.jpg

今までイバンコのバーでプレートギリギリにスタンスを決めるワイドデッドをしていた方は少し狭めないとダメですね。それとスクワットのラックアップから歩き始めでプレートとラックを当ててしまいやすくなります。筋太郎ジムで使用しているパワーテックはワイドタイプのパワーラックの中でも幅が広めなのでエレイコでのスクワットは重心を左右にシフトしながら歩くタイプは気を使います。



エレイコVSイバンコ
ローレットのない部分の広さやグリップの目安となる印、プレート間の寸法を考えると一般トレーニーにはイバンコのほうが使いやすいかと思います。エレイコはパワーリフティングで地元の協会が所有しているバーがエレイコだとか国際大会に出場したいだとかいう場合以外は必要ないかなと。

あとイバンコもメッキ仕上げのバーと比べると錆びやすいですが、エレイコは更にサビやすい感じですね。まだ数か月しか経っていませんが、すでにローレット部分が茶色くなってしまいました。
DSC_0039.jpg
イバンコはプレート取り付け部分が錆びやすく、ローレットは錆びにくいのに対して、エレイコはローレット部分から錆びてきました。
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
2016-11-20 BCAA 2016-11-19 グルタミン 2016-11-19 シトルリン
プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。