FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > 筋太郎の疑問 > title - サプリメント原料の原産国

サプリメント原料の原産国

アミノ酸やハーブ、プロテイン等のサプリメントの原産国について疑問に感じること等があるので記事にしてみます。

最近では各メーカーがアミノ酸原料の調達先をどんどん変えてきているようです。以前は味の素のアミノ酸原料ブランドである「Ajipure」を使用していたメーカーのボトルからどんどん「Ajipure」の表示が消えていっています。具体例を挙げるとMRM、ダイマタイズ、ラブラダ 等のボトルや商品説明からAjipureの表示が消えていますね。原料の調達先を変えたわけでもないのにわざわざこの表示を消してしまうこともないでしょうから、恐らくコストダウンのためにより安い原料メーカーからの調達に変更したと思われます。
120815.jpg

MRMなんかはもう何年も前からAjipureの表示が消えているのですが、「味の素のアミノ酸を使用!」と宣伝していた輸入代行ショップの影響か、未だにBCAA+Gは味の素のアミノ酸を使用しているという情報を発信している方も多いようです。

海外物のサプリメントというと日本のサプリメント業者の中には「日本産以外のサプリメントは何が入っているか分からない、信用できない」という情報を発信している人もいます。しかし、こう考えることもできないでしょうか?「味の素以外の原料メーカーも大手サプリメントメーカーの要求する品質基準を満たすことができるようになった」と。

私は製造業の会社に勤めていますが、部品を新たな取引先に収めるとなると非常に厳しい審査や検証を受けます。本当に不純物だらけの物しか作れない原料メーカーだったらこの時点で採用とはならないはずです。どこの誰が経営しているか分からないようなサプリメントショップのオリジナル商品のような物だったら分からないですが、ある程度大手の名前と実績のあるサプリメント会社なら原料メーカーの選定はかなり慎重におこなっているはずだと私は信じています。

日本のサプリメントショップでも海外物のサプリメントは信用できないと謳いながら、中国の工場で生産されたHMBやブラジル産のアミノ酸を売っているお店もあります。また、ホエイプロテインはそもそも日本産の原料自体が市場には出回っておらず、どこのメーカーのプロテインを買っても原産国は海外です。トンカットアリやアシュワガンダ等のハーブ類や魚油もほぼ全てが海外産ですね。

このような状況の中で「海外メーカーのサプリメントは危ない。でもウチのブランドは海外生産の製品でも安心。」 というのはどうなんでしょうね。私には非常に矛盾しているように感じます。

海外物のサプリメントにドーピング違反物質が混入していてうっかりドーピングに…なんて話も随分と前からありますが、具体的に何という商品に何が混ざっていたかという情報は全く出回ってきません。単にドーピング禁止物質を把握せずに何でもかんでも摂取していた選手が言い訳に利用しているだけなんじゃないの?と私は思っています。

例えば、ただのBCAAやただのグルタミンに禁止物質が混入していた例がたくさんあるのでしょうか?そんな事が本当に頻繁に起きているなら訴訟をバンバン起こされてやっていけないのでは?そういう事が起きていない実績があるからこそこれだけ多くのメーカーが原料調達先を変更してきているんじゃないですかね?

海外物サプリメントに関して私の思いをまとめると…

・海外サプリメント批判が消えないのは国内サプリメント業界の陰謀である!! (日本のサプリメントでも海外産原料だらけなのに…)

・ドーピング違反と指定されている成分も売っているので競技者はよく確かめる必要はあり

・一応メーカーは名前と実績のあるところを選んでおいた方が良い気がする

・味や着色は日本人には合わない物も多し(甘い味、グロい色)

1番上は私の独り言です。


>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
[ 2015/10/11 22:20 ] 小ネタ 筋太郎の疑問 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。