FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > 自作、改造、メンテ > title - 安物パワーラックをバージョンアップ

安物パワーラックをバージョンアップ

今回はパワーラックの改造ネタです

パワーラックは色々なメーカーから発売されていますが、5~6万円台以下のリーズナブルなパワーラックに共通する点があります。

それは、ラック幅が狭いということです。おそらく日本の狭い家で使うことを考えて(材料費削減も?)このようになっているのでしょうが、非常に重大な欠点があります

ワイドグリップ、ワイドスタンスが使えないのです(涙)大体、身長が170センチを超えるくらいの体格だと日本の安物パワーラックではメーカーにもよりますが、ワイドグリップ、ワイドスタンスはラックのフレームがジャマしてできなくなったりします

180センチを大幅に超えるような体格の持ち主だとレギュラースタンスですら窮屈に感じてしまいます

現在の私たちのジムではベンチプレスは児玉SP、スクワットはパワーテックのパワーラックを使用しているのでこのような問題は全くないですが、以前はボディメーカーのパワーラックでベンチプレスをしていたのでノーマル状態だとワイドグリップが使えない状態でした。

そこで施された改造がコレです
moku.jpg

挟んでいるのは木片ですホームセンターでカットと穴あけをしてもらい、長いボルトで固定してあります。

これによってラック幅を広げ、ワイドベンチを可能にして使用していました(汗)ベンチプレスで160キロ程度まで使用していましたがヤバイ思いをしたことは無かったです。超高重量のスクワットで使用するのは怖そうですが…

ある有名リフターの方は長ナットを挟んでラック幅を広げていたのですが木片のほうが接触面積が大きくなり安定が良いような気がします。金属のブロックを用意できるとより強度は高められるでしょうね

実際にブロックで幅を広げたパワーラックを設置しているパワーリフティングジムも存在しているようです(兵庫県)。

パワーラックを持っているけどラック幅が狭くて困っているなんて方は試してみてはどうでしょうか?


>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。