FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > 使い心地レポート > title - ホームジム用パワーラック ボディメーカー EX-V

ホームジム用パワーラック ボディメーカー EX-V

筋太郎ジムで使用しているパワーラックの1つ、ボディメーカーEX-Vを紹介します。このラックは児玉SPを購入する以前に主にベンチプレスに使用していました現在はチンニングなどの補助種目で使用しています。



39900円のところをセール中で29000円で販売されています画像をクリックでボディーメーカーページが開きます。

寸法
117×118×210(幅、奥行き、高さ)です。私の超お気に入りラックであるパワーテックと比較して10センチも幅が狭いです。そのためコンパクトというメリットもありますが、ワイドグリップ、ワイドスタンスではフレームが邪魔になります。このため私たちは幅を広げる改造を施して使用していました。それと画像から分かるとおり土台のフレームが前後方向に長く確保されていないので勢い良くバーベルをラックにぶつけると倒れてしまう可能性もあるので注意が必要です


耐荷重
250キロです。そこそこ本格的に鍛えている方でも大丈夫な強度は確保されています。ちなみにパワーテックは耐荷重675キロ(現行モデルは650)ですが意外にもフレームの板厚はボディーメーカーと同じでした。どうやら、パワーテックにたくさん付いている補強のプレートが圧倒的な耐荷重値の秘密っぽいです
pp.jpgこの画像はパワーテックの補強プレートです

ということはボディメーカーのラックにも補強のプレートを手作りして追加すればパワーテック並みの強度がでるということですかね


その他
ラックの高さ調整幅は約80ミリ、ちょっと大雑把なので自分にちょうど良い高さに合わない可能性があります。自分専用のホームジムだったら板を敷いて自分の立っている高さを微調整してピッタリに合わせるという手がつかえますね

チンニングバーは一般的なバーベルシャフトの太さ(28~29ミリ)よりちょっと細いです。このため、このパワーラックでトレーニングをし始めたころは違和感が強かったです。でもコレはすぐに慣れちゃいますね


以上で紹介終わります。

やはり安いだけあって弱点もチラホラとありますが、そこそこ本格派のトレーニングにも耐えうる最低限の性能は備えていると思います。

250キロオーバーの重量なんて使わない。

ワイドグリップ、ワイドスタンスのトレーニングは諦めてよい。

という方にはバッチリなパワーラックですよ
>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。