FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > 使い心地レポート > title - ラットマシーン ボディソリッド 

ラットマシーン ボディソリッド 

ボディソリッドのラットマシーン GPLM-83を購入して1ヶ月半ほど使用したので使い心地をレポートします。コチラは家庭用のトレーニング マシンで様々な筋肉を強化することができます


特徴
このラットマシンはケーブルを繋ぎなおすことなく、上からも下からも引くことができます。なので、従来のラットマシンプルダウンやプレスダウンの他にシーテッドローイングやカール、サイドレイズ、クランチ等も行うことができ、ホームジムにあると種目のバリエーションを大幅に増やすことができます


耐荷重
80キロです。かなりの怪力の人がプルダウンで使うにはチョット足りないかもしれません。ちなみに現役時代のドリアンイェーツでプルダウンの使用重量は130キロ程度だったらしいです

私たちは上から引くトレーニングでもっと大きい負荷をかけたい場合は加重したチンニングを行うと割り切っています。プレスダウンやカール、クランチなんかにはまったく問題ないですね


ストローク
家庭用マシンのためかケーブルを引けるストロークは少し短めな気がします。実際に使用してみたところ、筋太郎ジム最長身である184センチのメンバーがスタンディングサイドレイズをするとストロークが足りず、プレート取り付け部が上端にゴッツンコしました。他にスタンディングカールも彼が身体を反らしてあげるとダメですね。少し前傾気味で行う必要がありました。

他の種目は現在のところ問題なく行えていますね


使用感
ただ組み立てただけの状態で動かしてみるとジムにあるような業務用マシンと比べて摩擦抵抗(フレームの銀色部分)がやや大きい感じがしました。そこでシリコンスプレーを塗布してみたところ、かなり動きが改善されました。これは是非オススメしたいです!動きが良くなり、普通の油のようなベタベタにはなりにくいのでかなり使いやすくなります



その他
プレート取り付け部は28Φプレート用の径です。オプションで50Φ用のアダプターがあるようですが、私たちはこのままの状態で28Φと50Φのプレート両方を使用しています。得に不具合はありません。取り付け部の長さは20センチで耐荷重である80キロを装着するには充分です。
120323.jpg


シート部はこのような形状でフレームに刺さっているだけです。取り付け、取り外しが一瞬でできます。シートが邪魔になる種目を行う際も楽チンです。

120323-2.jpg



脚の押さえは25ミリ毎に高さ調整が可能でピッタリフィットします。スプリング内臓式のピンで簡単調整です。
120323-1.jpg




最初からプルダウン用の曲がったバーと短めのストレートバーが付属しています。長さはそれぞれ118センチ、51センチです。中央のケーブル取り付け部は回転式ですが動きは悪いです。ここにもシリコンスプレーを吹いてやるとかなり改善します。
120323-3.jpg
↑コッチは118センチ。↓コッチは51センチです。
120323-4.jpg



このマシンの導入で筋太郎ジムの魅力がかなりアップしました!!あとはレッグカールマシンが欲しいな

他の筋トレ器具についてはこちら→筋トレ器具レポート >>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。