FC2ブログ
トレ日記、サプリメントのお得情報、トレ器具の情報
HOME > その他レビュー > title - サプリメント 海外製品が低価格な理由は原料の違い?!

サプリメント 海外製品が低価格な理由は原料の違い?!

私はサプリメントの海外製品を個人輸入で買い始めて4年ほどになります。理由は品揃えの多さと価格の低さからです。おかげで安月給の私でもなんとか プロテイン、アミノ酸を数種類、クレアチン、ビタミン類、カーボ、繊維 といった普通の人からすると「凄くたくさん」のサプリメントを摂取できていて、トレーニングの成果にもある程度は貢献してくれていると感じています。

個人輸入の方法はこちら→超おすすめiherb

ところで、ネットでサプリメントについて色々なサイトを観ていると「海外サプリメントは安物の粗悪な原料を使用しているから価格が低い」という内容の記事をちょくちょく見かけることがあります。

しかし、これらの記事には私はどうも納得できません。なぜなら、全く同じ原料を使用している製品でも国内と海外ではおおきな価格差があるからです。



例えばクレアチン。


このゴールドジムクレアチンはドイツのクレアピュアという原料を使用していて500gで5040円です。


↓それに対してこちらにジャローというメーカのクレアチンもクレアピュアを使用ですが、価格は325gで672円
kute.jpg

全く同じ原料を使用しています。しかも味付けもない「ただのクレアチン」なので言ってしまえば「原料を仕入れてボトル詰めしただけ」なのにこれだけの価格差があります。


さらに興味深いのがこちら。オプティマムのクレアチンです。
120726-3.jpg
これは全く同じ商品をkentaiもとりあつかってますが、kentaiから購入すると2940円。ところが個人輸入で直接購入すると836円です。原料が同じどころじゃないんですが、これだけ価格は違います。



次にBCAAを比べてみます。アミノ酸は味の素が世界的にも有名なブランドだそうで、海外メーカーでも品質(安心感)を重視するメーカーでは多く採用されているそうです。

味の素原料のBCAAを調べると

120726.jpg

ダイマタイズのBCAAは味の素原料を使用で300gで1468円。

一方、国内業者は…

ファイトクラブのBCAAは中国産の原料を使用で1キロ7900円。サイトを観ると現在は500g、1kgのページから原産国の表示が消えてますが、100g入りの商品ページに表示が残っていました。


あと、ホエイプロテインは国内メーカーの物を買っても原料は輸入物が使用されていますが、やはり大きな価格差がありますね。


といった感じです。こうしてみると海外サプリメントは安物原料使用だから低価格で危険。国内メーカーは高いけど高品質と一概に決め付けることはできないと思います。

私はサプリメント業界で働いたことがないので、価格差の本当の理由は分からないですが、やはり圧倒的な流通量やシステムの差が大きいのではないかと考えています。サプリメントショップの品揃えをみてもケタ違いなんで…。

では今日もトレーニングに行ってきます!!

>>おすすめサプリショップ iherb
>>おすすめサプリショップ2 マイプロテイン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

中山筋太郎

Author:中山筋太郎

面白い筋トレ系ブログが色々あります
人気ブログランキングへ
お知らせ
現在、相互リンクを募集しています。リンクしてくれる方はこちらにコメントください。